夢見る旅路

江戸東京発今昔物語

歴史探訪、名所、読書録、カメラ、日用品などの雑記帳、備忘録。

旧広島気象台。江波山気象館。

今回は、広島市の江波山の山頂に建つ「旧広島気象台」江波山気象館について。

 丘の上の気象台

f:id:odekakeiku:20190601235052j:plainそれほど巡ったわけではないけど、全国の気象台巡りは自分のライフワークの1つ。

どの気象台もたいていは丘の上にあり、遠くから見て小さな城塞をも感じさせる佇まいは、小さい頃から興味深く思ってきた。

 

f:id:odekakeiku:20190601235054j:plain以前より、広島に来たら一度は行って見たかったのが、旧広島気象台。

現在の江波山気象館。

 

f:id:odekakeiku:20190601235145j:plainちょうど、訪れた日はドラマか何かの撮影で使われていた。

言えば通してくれるだろうけど、わざわざ撮影を遮ってまでの度胸もないので、しばし江波山を散策。

f:id:odekakeiku:20190602002237j:plain江波山はもともとは、島だった。それが江波地区の埋め立てにより、今は山のように見え、公園として整備されている。

江波山の公園のトイレも、風速計をイメージされていた。

 

江波山気象館

f:id:odekakeiku:20190601235152j:plainドラマの撮影がひと段落したところで、門を叩いた。いや、開けた。

現在は広島市が管理する、市営の気象館。気象の博物館となっている。

大人も料金は100円と手頃。高校生、シニアは50円。中学生以下は無料。

 

f:id:odekakeiku:20190601235203j:plainまず、入って一番目を引いたのは、ステンドグラスがはめ込められた受付窓。

この受付窓は、現在は使われていないが、こんな美しい受付は見たことがない。

 

f:id:odekakeiku:20190602002139j:plain振り返ると、入り口の上部にもステンドグラス。

 

f:id:odekakeiku:20190601235204j:plain

撮影にしばしば使用される意味がよくわかる。

さながら勝手なイメージとしては旧陸軍参謀本部か大本営か。はたまた昭和初期の病院か、大学か。さまざまなシーンに使えそうな歴史ある趣きのある廊下。

 

f:id:odekakeiku:20190601235211j:plain

階段も、来てよかったと思わせる何とも言い難い良い雰囲気。至福のときだ。

 

f:id:odekakeiku:20190602001720j:plain階段の手すりにも、そう浅くない歴史を感じさせる。

 

f:id:odekakeiku:20190601235214j:plain

 

f:id:odekakeiku:20190601235226j:plain

f:id:odekakeiku:20190601235227j:plain

f:id:odekakeiku:20190601235220j:plain

f:id:odekakeiku:20190601235231j:plain

f:id:odekakeiku:20190601235238j:plain

f:id:odekakeiku:20190601235250j:plain

f:id:odekakeiku:20190602002030j:plain

f:id:odekakeiku:20190602002035j:plain

f:id:odekakeiku:20190602002048j:plain

f:id:odekakeiku:20190602002054j:plain

f:id:odekakeiku:20190602002111j:plain


ちょっと、ごめんなさい、加筆編集中です。後日ご覧くださいませ。



 

 

 

www.tabijiphoto.com
www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com