夢見る旅路

江戸東京発今昔物語

歴史探訪、名所、読書録、カメラ、日用品などの雑記帳、備忘録。

呉 すずさんと晴美さんが歩いた道。この世界の片隅にを歩く10

「この世界の片隅にを歩く」も、今回で10回めとなりました(長々とすみません;)。

www.tabijiphoto.com

 

今回も、呉観光協会発行の

f:id:odekakeiku:20180730133940j:plain

「まちあるきガイドブック すずさんが暮らした呉」より

 

f:id:odekakeiku:20180821094308j:plain

今回は「コース2 すずさんと晴美さんが歩いた道」を歩きます。

 

呉駅〜旧下士官集会所

f:id:odekakeiku:20180720221900j:plain

スタートは、呉駅

物語でも、径子さんと晴美さんが下関へ向かうために切符を購入するのですが、長蛇の列で時間がかかるため、すずさんは晴美さんを連れて、お父さんの入院している海軍病院へお見舞いに行くことになりました。

現在の呉駅の駅舎は、1981年に建てられた4代目です。

 

f:id:odekakeiku:20180730142549j:plain

旧下士官集会所(青山クラブ)

映画のアニメ版では、すずさんと晴美さんが、旧下士官集会所の前に立っている門衛の前を通ります。

 

f:id:odekakeiku:20180730144240j:plain

そして、下士官集会所と練兵所(画像右側、現入船公園)の間の坂道を歩いて行きます。この坂道の突き当たりに、海軍病院がありました。

 

  

旧海軍病院

f:id:odekakeiku:20180730145632j:plain

広工廠の空襲で重傷を負ったお父さんが、収容されたいた海軍病院。戦後は国立病院となり、今は国立病院機構呉医療センター

 

f:id:odekakeiku:20180820112525j:plain

原作の漫画と映画のアニメ版で、すずさんと晴美さんがのぼっていた海軍病院の階段が今でも残っています。

 

f:id:odekakeiku:20180820112528j:plain

昔来た時はこの階段は普通に通れたような気がしましたが、現在この階段は通行禁止。滑落の危険があるためと、海軍病院時代の遺産として保存するためのようです。

 

晴美さんと歩いた道

お父さんのお見舞いを終えると、

晴美「なんの船が居りんさったかお兄さんに教えてあげるん」

と、2人は船が見えそうな高台の道を歩いて行きます。

 

f:id:odekakeiku:20180820113202j:plain

呉医療センター(旧海軍病院)横の坂道。

右側は、周作さんが録事(書記官)として勤めていた軍法会議跡。今は、海上自衛隊の宿舎。

※当時、この坂道だけは、なかったようです。

 

f:id:odekakeiku:20180820113211j:plain

坂道を歩いて行くと、旧呉鎮守府庁舎(現海上自衛隊呉地方総監部庁舎)が見えました。

 

f:id:odekakeiku:20180820120300j:plain

宮原4丁目界隈。このあたりで、すずさんと晴美さんは空襲に遭い、防空壕に避難することになりますが、当時とは道の形も一部異なり、作中でも詳細な描写もなく場所は不明です。

 

歴史の見える丘

f:id:odekakeiku:20180820171838j:plain

このコースの終着点「歴史の見える丘」。

 

f:id:odekakeiku:20180820171955j:plain

歴史の見える丘からのびる歩道橋の上からは、ドックと呉港が一望できます。

 

旧呉海軍工廠造船船渠建屋

f:id:odekakeiku:20180820171956j:plain

屋根のついた所が、戦艦大和を建造したドックがあった所。大和を造船する際に目隠しを兼ねて設置された屋根は現存。ドック自体は平成4年に埋め立てられ、今は現存しません。

 

造船船渠記念碑

f:id:odekakeiku:20180820172809j:plain

平成4年に戦艦大和が作られたドックは埋め立てられますが、そのドックの一部を移設した石材の一部が歴史の見える丘に置かれていました。

 

噫戦艦大和之塔(ああせんかんやまとのとう)

f:id:odekakeiku:20180820172004j:plain

戦後の日本が造船をはじめ各種製造業において世界をリードしてきたのは、戦艦大和などの艦船の設計や製造の技術が、戦後各種分野へと生かされ継承され続けてきたというのもあります。

碑文に「大和は沈んでもその技術は沈まなかった」とあり、平和を念願しつつ先人苦心の業績をたたえ、大和悲壮な最期を偲び、後の世の人々に建塔の由来を伝えたいとありました。

 

子規句碑

f:id:odekakeiku:20180820172009j:plain

「呉港 呉かあらぬ 春の裾山 灯をともす 子規」

1895年(明治28年)正岡子規は、友人である海軍従軍記者の小嶋一雄氏を見送るため呉に来て句を詠んでいました。

1895年の日清戦争の時の事ですから、すずさんと晴美さんが歩いていたちょうど50年前の事です。

 

参考図書:「呉・江田島・広島戦争戦跡ガイドブック」奥本剛著 潮書房光人社 他

 

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.odekakeiku.com

呉 二河公園。かつての桜の名所は、防空壕跡や慰霊塔など戦争の記憶を多くとどめる公園。この世界の片隅にを歩く9

f:id:odekakeiku:20180819091510j:plain

呉に行く度に、しばし通った森田食堂。

ある夜、夕飯をいただいていると、隣の席のおじさま、おばさまと呉の桜の話で盛り上がった。曰く「昔は、二河公園(にこうこうえん)の桜が綺麗じゃった」とのこと。

そういえば、この世界の片隅にの原作にも、二河公園でお花見をしているシーンが出てくる。

ということで、桜の季節は過ぎていましたが二河公園へと足を運んでみることに。

 

二河公園

f:id:odekakeiku:20180819101755j:plain

二河公園は大きな公園で、ちょっとした庭園があります。

作中では、二河公園へお花見に家族と出かけたすずさんが、リンさんと桜の樹の下で再開します。 

現在は桜の木はあまりなく、桜の名所というのは、やはり過去のことのようです。

 

f:id:odekakeiku:20180819101906j:plain

野球場が整備されています。

戦前も野球などのスポーツの場だったそうです。

 

御典橋

f:id:odekakeiku:20180819101841j:plain

 公園内を流れる小川に、御典橋が架かっています。

昭和天皇が皇太子時代に、呉へ巡幸されたのを記念して架けられた橋です。

 

f:id:odekakeiku:20180819101833j:plain

呉観光協会発行の「すずさんが暮らした呉 まちあるきガイドマップ」によると、御典橋周辺の公園は当時の面影を残しているようです。

 

防空壕跡

f:id:odekakeiku:20180819101925j:plain

公園内には、横穴式の防空壕の跡がいくつも見受けられました。

 

f:id:odekakeiku:20180819101929j:plain

呉空襲では、この周辺まで猛火がせまっていたようです。

 

工廠殉職者招魂碑

f:id:odekakeiku:20180819111809j:plain

野球場の横の駐車場に、工廠殉職者招魂碑がありました。

大正11年12月建立。明治26年から昭和20年までの呉海軍工廠の殉職者、呉軍港創設時以降の呉鎮守府管下の非戦闘員の殉職者を合祀しています。

戦前の絵葉書にも、この塔と思われる石碑が写っています。

駐車場の真ん中に・・・というのがちょっと。もう少し場所を選べなかったのでしょうか。

 

忠勇護国の塔

f:id:odekakeiku:20180819115528j:plain

野球場の裏にありました。こちらは、呉出身の戦没者の慰霊塔。

 

 明治天皇御製碑

f:id:odekakeiku:20180819103717j:plain

「軍ぶね 造るところもみてゆかむ 呉の港にしばし泊まりて」

書は、開戦に反対の立場をとり、終戦処理にもあたったことで知られる米内光政海軍大将。

 

多くの慰霊塔や祈念碑

f:id:odekakeiku:20180819133154j:plain
f:id:odekakeiku:20180819133157j:plain

 

f:id:odekakeiku:20180819103722j:plain
f:id:odekakeiku:20180819132230j:plain
f:id:odekakeiku:20180819132236j:plain

他にも多くの慰霊塔や祈念碑があり、戦争の記憶をとどめる公園です。

 

参考図書:「呉市と海軍」呉市発行 昭和10年

 

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.odekakeiku.com

 

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に [Blu-ray]

この世界の片隅に [Blu-ray]

 

英国船よりも早く到着し、小笠原諸島日本領有に寄与した明治丸は、最高に優美なロイヤルシップ

今回は、東京海洋大学越中島キャンパスに保存されている明治丸について。

f:id:odekakeiku:20180818181456j:plain

 

小笠原諸島の日本の領有に貢献した明治丸

江戸時代初頭、小笠原諸島の存在は知った江戸幕府は「ここは日本の領地」という石碑を建ててはいたようですが、特に日本人が定住することもなく無人島のままでした。

小笠原諸島は江戸からおよそ1,000km。幕府も当初は遠すぎる小笠原のこと、あまり関心はなかったようです。

幕末、外国船が度々小笠原にも到来し人を移住させたりするなど、小笠原諸島の領有をめぐって、イギリスやアメリカが領有権を主張、ロシアやドイツなども興味を示してきます。

幕府も危機感を感じ、ジョン万次郎をはじめとする開拓団を派遣。

明治8年、小笠原諸島の領有権問題が再燃した際、英国は横浜の軍艦を至急小笠原に向かわせることを決定。これに対し日本は、軍艦ではなく当時最新鋭で足の速い明治丸を小笠原に向かわせます。

f:id:odekakeiku:20180818185014j:plain

明治丸は1,530馬力、速力約12.66ノット(時速23.5km)。平均速力11.5ノット(時速21.3km)。

英国の艦船とほぼ同時に横浜を出航しましたが、明治丸が2日あまり早く到着。このことが、小笠原諸島の日本の領有に大きく寄与しました。

 

日本に現存する唯一の鉄船

f:id:odekakeiku:20180818190234j:plain

明治丸は、日本に現存する唯一の鉄船。

 

f:id:odekakeiku:20180818190624j:plain
f:id:odekakeiku:20180818190627j:plain

鉄船時代の造船技術を伝えるとても貴重な船として、昭和53年に国の重要文化財に指定されました。

 

明治天皇も乗船したロイヤルシップ

f:id:odekakeiku:20180818190314j:plain

明治丸は当初、灯台巡視船として発注されましたが様々な用途に使われました。

 

f:id:odekakeiku:20180818190318j:plain

ロイヤルシップとして活躍した明治丸の船内の設備は、惚れ惚れするほど優美です。

 

f:id:odekakeiku:20180818191429j:plain
f:id:odekakeiku:20180818191431j:plain

御座所(ござしょ・おましどころ)。

 

f:id:odekakeiku:20180818192154j:plain

明治天皇は度々、明治丸に乗船しており、明治9年の北海道東北の巡幸で、横浜港にお帰りになったのが7月20日。後に、この日を祝日の「海の日」として制定されました。

 

f:id:odekakeiku:20180818213804j:plain

 

 

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

 

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

小笠原のすべて 父島・母島・南島・聟島 (諸ガイド)

 
小笠原諸島をめぐる世界史

小笠原諸島をめぐる世界史

 

 

呉空襲前の呉の街の面影をめぐる道。この世界の片隅にを歩く8

呉観光協会発行の

「まちあるきガイドブック すずさんが暮らした呉」より

f:id:odekakeiku:20180730133940j:plain

今回は「コース4面影をとどめる商店街をめぐる道」より

 

f:id:odekakeiku:20180819053244j:plain

呉空襲で焼ける前の、呉の面影をたどりに少し歩いてみます。

このコースは作中に出てくる場所は少ないのですが、呉空襲以前の呉の街の面影をたどることができる、とても趣のあるコースです。

 

堺橋

f:id:odekakeiku:20180817094920j:plain

呉駅を出発して、まずは市内中心部を流れる堺川の堺橋へ。

コース1のすずさんと周作さんが歩いた道でも触れましたが、境橋は当時の姿をとどめる貴重な橋の1つです。広島の原爆もそうですが、街は壊滅しても橋だけは残ることがよくありました。

 

f:id:odekakeiku:20180817095057j:plain

かつては、堺橋の上を路面電車が走っていました。映画のアニメ版にも堺橋の上を走る路面電車が映っています。

 

二河橋

f:id:odekakeiku:20180817100152j:plain

市街地を流れるもう1つの大きな川、二河川。その二河川にかかる二河橋も往時のままの姿で残されています。

 

f:id:odekakeiku:20180817100201j:plain

アール・デコ調の優美な欄干。

 

f:id:odekakeiku:20180817100206j:plain

二河橋もかつては市電が走っていました。

 

鯛乃宮神社と第六潜水艇殉難の碑

f:id:odekakeiku:20180818000122j:plain

古い面影を残す商店街の脇道をぬけていくと、鯛乃宮神社がありました。

 

f:id:odekakeiku:20180818000125j:plain

境内まで昇ってみると、大きな慰霊碑が立っています。

この慰霊碑は、明治43年(1910年)に起こった、第六潜水艇の事故の慰霊碑。引き上げ後、乗員は皆、最後まで持ち場を離れず、艦長は後世のために事故原因を最後まで書き残していたとして、アメリカやイギリスなどの諸外国でも海軍軍人の模範と称されていました。

戦前の呉の名所案内等を読んでも、この慰霊碑が載っています。

 

両城の防空壕跡

f:id:odekakeiku:20180818004300j:plain

下記の両城の200階段を登り口の横に防空壕が残っていました。

 

f:id:odekakeiku:20180818005914j:plain

呉空襲について、この回でも少し触れておきたかったのですが、防空壕の解説がとても解りやすかったので以下転記致します。

呉空襲を体験した防空壕

戦局が悪化し空襲の被害が現実のものとなった昭和19年(1944年)以降、呉市内には海軍の防空壕や、市民の避難所として多くの公共・工場・家庭待避所(防空壕)がつくられました。市内の山の斜面を掘った公共避難所の横穴式防空壕のなかには、200メートルにもたっする大規模なものもありました。両城町にも10メートル(3カ所)と15メートル(1カ所)の横穴式防空壕がつくられました。

 呉市は、軍港都市ということでアメリカ軍の空襲の標的とされ、大きなものだけでも6回の空襲を受けました。なかでも、昭和20年(1945年)7月1日から2日にかけての焼夷弾による呉市街地の空襲では民間人だけでも1869名が犠牲になったのでした。しかも死因の多くは、もっとも安全といわれた大規模な横穴式防空壕内に、周囲の火災の煙が侵入したことによる窒息死であったといわれています。

 この地区も平地部の三城通(現・三条)は空襲のため消失しましたが、呉海軍軍需部の倉庫としてつくられたこの防空壕に身をよせた人びとは、猛火から逃れることができたのでした。私たちは市民の命を救った防空壕を残すことによって、呉空襲で犠牲となられた人びとをいたみ、ふたたび悲惨な戦争をおこさないための誓いとしたいと思います。

1998年7月1日

呉市

 

二百階段と両城の階段住宅

f:id:odekakeiku:20180818002157j:plain

続いては、両城の200階段です。

ここは映画「海猿」のロケ地になったことでも有名です。

 

f:id:odekakeiku:20180818002145j:plain

鯛乃宮神社からも200階段が見えました。

階段の下で、ゴミ出しに降りて来た、おばあさんと挨拶。「毎日階段を登り降りしているおかげで、足腰だけは丈夫」とのとこでした。

 

f:id:odekakeiku:20180818002427j:plain

階段から、和風住宅と洋館が合体した珍しい家々が見えました。

ガイドマップの解説によると、地元の家主が海軍の将官向けの借家として開発した住宅地のようです。

 

f:id:odekakeiku:20180818003436j:plain

 階段を全部登り切ると、数えて昇ってきましたが200段以上あるような(数え間違いかな?)。ともあれ、呉港はじめ呉の街が一望できます。

 

レトロな建物が残る商店街

f:id:odekakeiku:20180818012707j:plain

両城からJR河原石駅の間は、随所にレトロな建物が建っています。

 

f:id:odekakeiku:20180818012715j:plain

ガイドマップにもありますが、空襲で焼ける前の呉も、こんな建物が立ち並んでいたようです。

 

f:id:odekakeiku:20180818012944j:plain

JR川原石駅周囲も、映画のセットのような、なつかしい街並みが残っていました。

 もっと他にも書き足したいのですが、ちょっと長くなってしまったので、今回はこの辺までで。ぜひ実際に、ガイドマップを片手に歩いてみてください。

 

 

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.odekakeiku.com

 

この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)

この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に [Blu-ray]

この世界の片隅に [Blu-ray]

 

 

広島原爆 平和祈念式典に参列して

自分の中では、東京大空襲をはじめとする日本各地の空襲、国内唯一の地上戦となった沖縄、原子爆弾が投下された広島・長崎については、小学生の時から誰に言われるでもなく、自分から様々な本を読み、そして可能な限り足を運んできた。

そして原爆の慰霊祭には、いつかは参列したいと思い続けてきた。

 

f:id:odekakeiku:20180808224614j:plain

今回は平成最後の夏、平成30年8月6日、広島の平和記念式典に参列した個人的な記録です。

 

式典会場は平和祈念資料館前 

f:id:odekakeiku:20180808223947j:plain

朝6時半ごろ、平和記念公園の西にある西平和大橋に到着。

警察官が多数出て、交通規制を開始していた。式典の前後の数時間(道路によっては丸1日)平和記念公園周辺の道路は交通規制が敷かれる。

高齢で足が不自由な参列者がタクシーを降りていた。するとボランティアの方々が車椅子を持ってきて駆け寄り、会場まで介助してくれるという。ところがその男性は丁重にお断りして歩いて行かれた。

被爆者の高齢化が進むなか、さまざまな人々がボランティアとしてこの式典を支えている。

 

f:id:odekakeiku:20180808223955j:plain

受付は平和大通り側に設置されている。

一般参加は事前申し込み等ではなく、当日そのまま行って先着順で参列できる。

 

f:id:odekakeiku:20180808224004j:plain

手荷物預かり、式典パンフレット配布、総合(観光)案内まである。

式典の参列者の多くは、被爆された方やその遺族や家族、広島市民だが、観光客も多い。小さな子供を連れた外国のファミリーも数家族お見受けした。

 

f:id:odekakeiku:20180808224014j:plain

外国人受付もあり、同時通訳レシーバーも配布している。

 

f:id:odekakeiku:20180809102829j:plain

知事をはじめ、全国の各自治体の首長からメッセージが張り出されていた。

 

式典パンフレット

f:id:odekakeiku:20180809104145j:plain

受付ではパンフレットが配布されていた。

 

f:id:odekakeiku:20180809104159j:plain
f:id:odekakeiku:20180809104202j:plain

広島市議会議長の式辞にはじまり、広島市長の「平和宣言」、子供代表による「平和への誓い」など、日本語と英語で記されている。

f:id:odekakeiku:20180809104154j:plain

小さな折り紙と、折り鶴の折り方の説明も同封されている。
他にも式典の日程、「ひろしま平和の歌」の楽譜と歌詞、協力団体一覧などが記載されている。

 

暑さ対策

真夏の猛暑に加え、被爆者の高齢化もあってか暑さ対策もされている。

f:id:odekakeiku:20180809110506j:plain

参列席には日差しを避けるテントと、ミスト。

 

f:id:odekakeiku:20180809105042j:plain
f:id:odekakeiku:20180809105114j:plain

入り口付近では、冷水サービスとおしぼりサービス

 

f:id:odekakeiku:20180809105326j:plain
f:id:odekakeiku:20180809105416j:plain

前後するが、おしぼりは、参列者席にもまわってきた。

自分は最初から、冷水サービスもおしぼりサービスも断っていたが、隣に座られていた背広姿のご老人から「あなたもどうぞ」と、おしぼりを1ついただいた。

 

参列席

f:id:odekakeiku:20180809110742j:plain

参列席に入る前に荷物検査があり、それが済むと先着順に参列席に座ることができる。

7時にもなると席はほぼ埋まり、入れない人はテントの後方で立ち見となる。

 

f:id:odekakeiku:20180809110828j:plain

随所に手話通訳者も配置されている。

 

式典

原爆犠牲者への献水

f:id:odekakeiku:20180809112217j:plain

正式には式典が始まる前だが、献水が行われる。

献水の水は、市内17ヶ所の場所から採水された水。あの日、多くの人が水を求めて亡くなった。

 

原爆死亡者名簿奉納

f:id:odekakeiku:20180809112228j:plain

平成30年8月6日奉納で、名簿登録者数は合計31万41,18名(名簿冊数115冊)。

 

放鳩(ほうきゅう)

f:id:odekakeiku:20180809112247j:plain

松井市長の平和宣言のあと鳩が一斉に放たれる。

この鳩は、訓練を積まれたレースバト。テントからでは鳩はあまり見えないが、飛んで行く様子がテントの影となって写る。

 

内閣総理大臣あいさつ

f:id:odekakeiku:20180809112302j:plain

安倍内閣総理大臣のあいさつ。やじ等が飛びかうと思いきや、あまりなかった(一言くらいは聞こえたかな)。

 

平和祈念式典を終えて

f:id:odekakeiku:20180813225449j:plain

平和祈念式典は終っても、様々な慰霊碑の前では式典が行われる。

こちらは、動員学徒慰霊塔。あの日、多くの年若き学徒が建物疎開等に従事していた。

 

f:id:odekakeiku:20180813225509j:plain

式典が行われていない慰霊碑も、いつも以上に多くの人が集まってきている。

 

f:id:odekakeiku:20180813225541j:plain

号外を出す新聞社も。とくに通常の号外を知らせるような内容ではない。

写真には写さなかったが、様々な思想を持った集団や、宗教団体がいたるところで活動している。

右もいれば左もいる。

 

f:id:odekakeiku:20180813225434j:plain

警察官の動員数が多いのはそのためだ。重装備をした機動隊も出ていた。

 

f:id:odekakeiku:20180813225614j:plain

川ぞいには「平和祈念式典挙行中は、お静かにお願いします」という横断幕がとりつけられていた。式典が終わったあとも、静かに犠牲者を追悼したいと思うのは自分だけだろうか。

 

www.tabijiphoto.com

 

原爆 広島を復興させた人びと

原爆 広島を復興させた人びと

 

 

こうの史代原作「夕凪の街 桜の国」の舞台を訪ねて。広島、東京中野

今回は、「この世界の片隅に」で著名なこうの史代さんの代表作の一つ

「夕凪の街 桜の国」の舞台、広島(と東京中野)をめぐります。

 ※原作のコミックをもとに、作中出てくる場所の一部を訪ねています。

 

夕凪の街 桜の国

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

 

こちらは分類でいえば、やはり原爆物。

原爆投下時のその時代ではなく、戦後、原爆症に蝕まれつつも現代と過去の葛藤に生きる女性(皆実)と、その後に続く人々の物語です。

短編ですが、色々と考えさせられ心に深く残る作品です。

また、「この世界の片隅に」と同様に、戦後の広島の風景や物事をこうの先生の独自のタッチで、淡く優しくも鋭く描いています。

 

 皆実の家(原爆スラム跡)

f:id:odekakeiku:20180802171729j:plain

原爆ドームの北側、太田川沿い1.5kmにかけての基町堤防に「相生通り」と呼ばれるスラム街がありました。原爆で焼け出された人々や地方出身者などがバラックを建て住んでおり、多い時は1000世帯3000人を超える人々が住んでいたそうです。

「夕凪の街」の主人公、平野皆実と母のフジミは、この原爆スラムのバラックに住んでいました。

 

f:id:odekakeiku:20180802190022j:plain

1970年代に全てのバラックは撤去、その後、堤防は整備され当時の面影は全くありません。

 

f:id:odekakeiku:20180802224644j:plain

戦前、戦中この辺一帯は広島城あたりまで広大な陸軍用地でした。

そして、この基町堤防のあたりは陸軍病院があった場所です。

 

f:id:odekakeiku:20180802191201j:plain

現在「廣島陸軍病院原爆慰霊碑」の横に、国土交通省の「基町堤防の経緯」という解説板が設置されていますが、そこにわずかに原爆スラムについてふれられているくらいです。

 

原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)

f:id:odekakeiku:20180802211942j:plain

「夕凪の街」そして「桜の国」にも度々登場するのが、原爆ドームこと旧広島産業奨励館。

 

f:id:odekakeiku:20180803013416j:plain

平野皆実の時代には、保存されることはまだ決まっていなく廃墟にすぎませんでした。 当時は悲惨な惨状を思い出すので、早く壊して欲しいという声も多かったそうですが、作者のこうの史代先生曰く、「保存を決めた多くの被爆者の葛藤の末の勇気の象徴として」原爆ドームを描いたそうです。

 

f:id:odekakeiku:20180803001526j:plain

作中でも、皆実は原爆ドームを見つめながら、原爆で多くの人に対し何もできずに見殺しにしてしまい、自分だけ死なずに生きていることへの罪悪感から、この世に生きていてもいいのかという葛藤に思い悩まされます。

 

平和大橋

f:id:odekakeiku:20180802212728j:plain

下の西平和大橋と共に、日本人とアメリカ人のハーフイサム・ノグチがデザインした橋で、「昇る太陽」をモチーフとして昭和27年に完成しました。

 

f:id:odekakeiku:20180802235501j:plain

もともと平和大橋は、「いきる」という名前に決めていたそうですが、この橋が完成した年に志村喬主演の黒澤明監督の映画「生きる」が公開されたため、「つくる」という名前に変更したそうです。

皆実の弟、石川旭はこの橋で太田京花(石川七波の母)にプロポーズします。

2018年現在、平和大橋の横に歩道橋を建設中です。

 

西平和大橋

f:id:odekakeiku:20180802212739j:plain

こちらも同様に、イサム・ノグチのデザインで、和船をモチーフにしたようです。

もともと「しぬ」という名前を付けていたそうですが「ゆく」という名前に変えています。

 

f:id:odekakeiku:20180802234709j:plain

そういったわけからか、作中で同僚の打越豊が皆実を引き寄せと抱こうとした時に、皆実は西平和大橋の前身である新大橋の原爆投下時の惨状を思い出し、逃げるように帰ってしまいます。

 

野方配水塔(水の塔)東京都中野区

f:id:odekakeiku:20180803005056j:plain

広島のみでと思いましたが、こちらは個人的にも思入れのある場所なのでちょこっと。

「桜の国」の前半の舞台は、東京の中野区です。

「桜の国」で度々、背景に水の塔こと「野方配水塔」が登場します。

個人的なことですが自分の祖父母の家の近くから、この野方配水塔の上部のドームの部分だけよく見えていたので、なんとなく形だけですが原爆ドームと同じドームつながりで連想していました。

こうの史代先生も「桜の国」を執筆当時、中野に住まわれていたようです。

 

f:id:odekakeiku:20180803010638j:plain

野方配水塔は1929年(昭和4年)に完成し、1972年(昭和47年)に廃止されます。

現在は、災害用の給水槽になっているとのこと。高さは33.6mと、現代ではさほど高い建物ではありませんが、周囲が住宅地で高い建物がないためか、意外と色々なところから見えます。

この配水塔も、太平洋戦争時の空襲で機銃掃射を受けた跡が残っています。

 

いわゆる、ちょっとした聖地巡りみたいになってしまったけど、まだまだ書き足りないので、今後、少し加筆したいと思います。

  

www.tabijiphoto.com

 

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

 
夕凪の街 桜の国 [DVD]

夕凪の街 桜の国 [DVD]

 

呉 すずさんと周作さんが歩いた道。この世界の片隅にを歩く7

今回も、呉観光協会発行の

「まちあるきガイドブック すずさんが暮らした呉」より

f:id:odekakeiku:20180730133940j:plain

今回は「コース1 すずさんと周作さんが歩いた道」を歩きます。

 

まちあるきガイドでは便宜上、呉駅からスタートしますが、今回は原作とアニメの行程を参考に進めていきます。

※一部まちあるきガイドのコースからは少し外れます。

 

 

ある日、北條家で家事をしているすずさんのもとに、電話で帳面を軍法会議まで持ってくるようにと知らせが入ります。 

眼鏡橋高架橋

f:id:odekakeiku:20180730140450j:plain

アニメでは、帳面をもったすずさんが高架橋をくぐって海軍の敷地内に入って行きます。

今では至極当たり前のように鉄道の高架橋を見ることができますが、当時としては鉄道の高架橋はめずらしいものだったようです。

昭和10年に、呉〜広までの鉄道が開通しますが、海軍へと通づるメインの道が、鉄道が横切るために交通が滞るのはよろしくないと、当時としては珍しくあえて高架橋にしたようです。

「この高架橋をくぐると海軍の敷地内」そんな感じがした高架橋だったのかもしれません。

ちなみに「眼鏡橋」とは、鉄道ができるよりも以前にあった海軍へと通じる石橋のことで、今は地中に埋まっているそうです。

 

旧下士官集会所(青山クラブ)

f:id:odekakeiku:20180730142549j:plain

当時から現存する貴重な建物で、最近まで海上自衛隊が所有していました。
当時は主に、上陸した下士官や水兵が過ごした施設で、中には購買部をはじめ宿泊施設もありました。

 

f:id:odekakeiku:20180730144104j:plain

一時、解体して駐車場にする案がありましたが、現在所有している呉市は「この世界の片隅に」の映画のヒットもあってか、保存していく意向を表明しています。

 

f:id:odekakeiku:20180730144240j:plain

左側が旧下士官集会所、右側の緑の多い公園は練兵場跡

アニメ版では、軍法会議を退勤した周作さんがこの坂道をくだって来て、下士官集会場所の前で待っているすずさんと出会います(原作では、すずさんが軍法会議の門の前まで行く)。

 

 

旧鎮守府司令長官官舎〜軍法会議跡

この坂道をあがっていくと左手に・・・

f:id:odekakeiku:20180730144859j:plain

作中には出てきませんが旧鎮守府司令長官官舎入船山記念館があります。

 

f:id:odekakeiku:20180730145632j:plain

入船山記念館のすぐ横にある交差点のつきあたりに、旧海軍病院、現在の国立呉病院(呉医療センター)があります。

ちなみにこの階段は、後に、すずさんと晴美さんがのぼった階段。

 

f:id:odekakeiku:20180730150058j:plain

病院の前の道をすすんでいきます。

 

f:id:odekakeiku:20180730150632j:plain

病院脇に呉看護学校へと上がって行く坂道があり、道の反対側に、現在海上自衛隊の宿舎があります。

この海自の宿舎が呉鎮守府軍法会議跡のようです。

 

 「すずさんと周作さんが歩いた道」なのに、「すずさんが軍法会議へと行く道」で1記事できそうですが、続けますw

 

すずさんと周作さんが歩いた呉の繁華街

f:id:odekakeiku:20180731233555j:plain

アニメには小松屋、地球館、喜楽館 といった建物が映し出されていました。どれも実際に呉にあった建物です。現在の中通り「れんがどおり」にあったようです。

小松屋は明治23年創業の洋品店。戦前は洋服よりも肌衣や寝具を中心に海軍に行商していたそうです。現在でもクレアルというショッピングモールの3階で営業されています。

地球館と喜楽館は映画館。水兵さんがたくさん陸にあがっていたので「ここは譲らんとの〜」と周作さんが言って2人は映画を見ることを諦めます。

地球館も喜楽館も廃業されていて建物もありません。

 

小春橋と堺橋

f:id:odekakeiku:20180731235913j:plain

 すずさんと周作さんが、橋の上で立ち止まって欄干に手をかけて語り合うシーンがあります。その橋が小春橋

上の写真に写っている橋が小春橋で、奥に写っている山が灰ヶ峰です。北條家は灰ヶ峰の麓の方にあるという設定です。

 

f:id:odekakeiku:20180801000224j:plain

現在の小春橋は、当時のものではありません。

 

f:id:odekakeiku:20180801000220j:plain

 なんの変哲も無いただの橋です。

 

f:id:odekakeiku:20180801000528j:plain

小春橋より、1つ下流の方にある橋は、堺橋。

こちらは原作でも後方に描かれています。

 

f:id:odekakeiku:20180801002808j:plain

堺橋は、往時の姿を残す貴重な橋で、以前は路面電車、市電も走っていました。ちなみに呉の市電は、広島の市電よりも3年ほど古く明治42年に開業していますが、昭和42年に廃止となりました。

 

f:id:odekakeiku:20180801002839j:plain

普通、堺橋のように現存するいかにも絵になりそうな方を描きそうな感じがしますが、あえて現存しない小春橋を登場させたのは、この作品の奥深いところ。

2人が語り合う重要なシーンが、堺橋ではなく、あえて小春橋にしたのはなぜだろうと思いつつ散歩するのも楽しいものです。

 

 

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

www.tabijiphoto.com

 

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に [DVD]

この世界の片隅に [DVD]